第14回 グラント受賞写真家アマク・マホモーディアン「Shenasnameh」展開催

アマク・マホモ-ディアン

アマク・マホモ-ディアン

2016年8月に申し込みが締め切られた第14回Reminders Photography Strongholdグラントをアマク・マホモーディアンが作品「Shenasnameh」で受賞しました。ペギー・スー・アミソン、マリー・レリーヴル、マイケル・ドーニー、ジュゼッペ・オリヴェリオ、ディーン・チャプマンの5名の審査員によって選出されました。作家本人も来日、展示作品も含まれている写真集の販売やアマクが講師を務める実験的ワークショップアトラスラボ「アイデンティティを視覚化する」の実施などが予定されております。是非、期間中にお越し下さい。

「Shenasnameh」
6年前、私は母と私の出生証明書を手に待合室にいた。私の目は、母の写真から私の写真、そして再び母の写真へと行きつ戻りつしていた。私はこれらの写真が意味するもの、これらが表すこと、そしてそこに隠されていることを突然認識することになった。私の母と私のすべての違いがひとつのものにされていた。私は母に似ているし、母は私に似ている。しかし、それにはそれ以上の意味があった。私達二人と同様に、イラン女性たちは皆、同じように見えることを余儀なくされていることを、何の前触れもなく私は理解した。

その日、私の写真の脇には私の指紋が、そして母の写真の脇には母の指紋が捺された。顔は同じように見えたとしても、指紋は違っていた。その後、私は家族や友達など、イラン女性たちのShenasnameh(出生証明書)の顔写真、そして指紋を集め始めた。少しずつ異なる話しが語られ始め、違いが現れ始めた。彼女たちに押し付けられた制約にもかかわらず、指紋と同様に顔も異なっている。そして、眼の輝き、口の曲げ方、眉の上げ方など、それらはやはり個性や個人としての性質を主張していた。個人としての女性、一房の後れ毛だけではない女性。このプロジェクトの主題はこれなのだ。彼女のわずかな部分が、他の女性たちからの違いを示している。彼女は彼女以外何者でもないことを。

会期 2017年7月15日(土)〜 7月30日(日)
午後1時〜午後7時(会期中無休)
オープニングレセプション:7月15日(土)午後6時頃〜
アーティストトーク:午後6時30分時頃〜
尚、写真集「Shenasnameh」の販売及びサイン会が予定されています。
事前のご注文をご希望の方はこちらから:
http://reminders-project.org/rps/shenasnamehsalejp/
書評:
REMINDERS PHOTOBOOK REVIEW #28 SHENASNAMEH
会場 Reminders Photography Strongholdギャラリー
東京都墨田区東向島2-38-5
入場料無料

RPSグラント受賞写真家アマク・マホモーディアンについて:
1980年、イラン出身。アーティスト、キュレーター。テヘラン美術大学にて写真とドキュメンタリーの修士号、2015年にはイギリスのサウスウェールズ大学でアート&フォトグラフィーの博士号を取得。彼女の作品は、個人的なものを表現し、一般的な問題へと関わるアイデンティティを主題としている。2016年には限定版の「Shenasnameh」の第1版を出版した。この本は、マリボル・フォトブック賞(スロベニア)の特別賞を授賞、ベスト・ブリティッシュ・ブックデザイン&プロダクション・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた。Amak Mahmoodianの異なるプロジェクトは、Fフォトギャラリー、カーディフ、ブリストル、ロンドン、チェンナイのゲーテ・インスティテュートなどで展示された。イギリス在住。
http://www.amakmahmoodian.co.uk/

(日本語訳文責:奥山美由紀)

RPSグラントについて
RPS に企画展を提案して頂き、 RPS 審査委員会の審査を通過された方に、RPS ギャラリースペースを5 日以上(最高20 日まで) 無償でご利用いただけます。 対象: 写真家、キュレーター、ギャラリスト、ほか。更なる詳細はこちら→ http://reminders-project.org/rps/grantjp/

こちらの情報については随時Facebookにて更新しておりますのでそちらをご覧ください。

チラシデザイン:渡部周

チラシデザイン:渡部周

チラシデザイン:渡部周

チラシデザイン:渡部周