松村和彦手製写真集「ぐるぐる – My Transmigration」ご注文受付中

2016年度RPS企画展第3弾は、松村和彦写真展「ぐるぐる~My Transmigration~」を開催いたします。松村は子どもの誕生をきっかけに自身が子どもの時に感じていた命の頼りなさ、死ぬことへの漠然とした恐怖を思い出しました。また、昨年祖母を亡くしたことから命の巡りを実感。そうした感覚の視覚化に取り組みました。本作はRPSの後藤由美によるメンターシップで基本的な構想を練りました。さらに、昨年12月にRPSが開催し、オランダのブックデザイナー、トゥーン・ファン・デル・ハイデンとサンドラ・ファン・デル・ドゥーレンが講師を務めたPhoto Book Master Classで写真集の編集やデザインなどを高めました。そして誕生した自作本48部の出版と合わせ、本展を開催いたします。遠方の皆様にもオンラインからご注文頂ける様に本日より受付を始めさせていただきます。写真展にお越しの方も、事前にご注文をオススメいたします。よろしくお願いします。
w01KZ7_4657

▼自作本『ぐるぐる~My Transmigration~』
写真、文、製本: © 松村和彦 2016
紋様:松村加奈子
手形と足形:松村海門
英訳:ロイ・ゴッフ、松村和彦
限定48部(エディション、署名入り)
本体124頁、小冊子16頁、写真71点収録、285×205×20mm
小冊子の文章は日英どちらかお選びいただけます
価格:16,500円(消費税10%込)(送料別途1,040円)

ご注文希望の方はメールかギャラリーにてお申し込み下さい。
メール件名に必ず、「ぐるぐる~My Transmigration~」注文希望とお書き下さい。
①お名前②住所(必ず〒番号を入れて下さい)③電話番号④Eメールアドレス⑤ギャラリーで受け取りを希望の方はお知らせ下さい。とくにない場合は発送扱いとさせて頂きます。⑥小冊子の文章、日英どちらか希望の明記をお願いします。
ご注文はstronghold@reminders-project.orgで受け付けます。
6月4日の写真集刊行以降製作開始、ご注文が確定された方々から順次完成次第発送をしてまいります。

「随分とナイーブな風になったなぁ」。2年近く準備を続けてきた写真展と本の出版を控えた今、思う。もちろん、まぎれもなく僕の内面の大切な一部だけれども。
こんなことを思い出す。ショッピングセンターでマジシャンのショーに出くわした。とてもナルシストっぽい感じで、変な人だなと思った。でも、ショーが始まるとだんだん観客は引き込まれていった。まずバルーンアートの技術がすごかった。けれども何よりも魅力だったのは最初違和感を持った強い個性だった。格好付けたポーズの度にバルーンが次々と形を変えていく。マジシャンの内面がショーという世界になって目の前に立ち現れていた。
自分がやっていることも同じだなと思う。個人の内面は時に独り善がりだし、そのままでは見ていられないこともあるだろう。だから、洗練させる。大事なことを伝えるために徹底的に魅力を高める。
写真集作りのワークショップや製本教室に通った。写真編集を何度も繰り返した。さらに、ストーリーの暗喩となる魅力的な装丁を目指し、工夫を重ねた。最初から最後まで手間の連続だったけれども、世界はそうやって作られていくとわかった。
出来上がってみて、時を閉じ込めることができる写真集は、僕が恐れた「時が移ろうはかなさ」へのささやかな抵抗だったような気がしている。人は亡くなれば存在も記憶も少しずつだが薄れていく。けれども、本はそれらを未来に残せる。
展示については、このささやかな夢がかなったという設定で組み立てた。年老いた息子が暮らす部屋。古いいすの前には一冊の写真集が置いてある。そして、写真集を見た息子の頭の中を会場に再現した。
さて、僕のナイーブな世界はあのマジシャンのように人を楽しませるまで高まっただろうか。展示や本を見ていただき、皆さんに伝わればなおうれしい。

松村和彦(写真家)

GURUGURU – MY TRANSMIGRATION – from REMINDERS PHOTOGRAPHY STRONGHOLD on Vimeo.

w02KZ7_4673 w03KZ7_4674 w05KZ7_4676 w07KZ7_4678 w10KZ7_4681 w12KZ7_4712 w13KZ7_4683 w18KZ7_4689 w19KZ7_4691 w24KZ7_4697 w25KZ7_4710 w26KZ7_4540   w29KZ7_4705