RPS企画展 高木佑輔写真展『Kagerou』3/3〜21日まで

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

Reminders Photography Stronghold Gallery、2018年度の企画展第一弾には高木佑輔写真展『Kagerou』を開催いたします。RPSにて2016年に開催されたワークショップ「Photobook as an Object」に参加した高木佑輔は、福島第一原子力発電所の事故後の福島の世界と、事故から二年後に授かった息子と共に生きる世界とに向き合おうと、写真集プロジェクト『Kagerou』に取り組み始めました。

原発事故後の見えない不安に満ちた社会、その只中に立つ子を持つ一人の父親として、人としての不安や希望、葛藤を本展示で浮かび上がらます。

2017年度 FUAM Istanbul Photobook Dummy Award で特別賞を受賞した同作はAKINA BOOKSから3月に写真集が刊行され、写真展の開催期間中に予約受付・販売予定です。
皆様のお越しをお待ちしております。

『Kagerou』
原発事故後、まるで蜃気楼が立ち昇っているかのように、東京の風景が歪んで見えたのを覚えている。初めての経験で戸惑ったけど、いま思うと未曾有の事故を前にして、現実を受け入れられなかったのだと思う。

2年後の春、玉のような息子が誕生した。スクスク育っている息子の笑顔を見ると複雑な気持ちになってしまう。
天真爛漫さは僕を心底癒してくれる。
それと同時に、原発事故後に産まれた息子の将来を思うと、申し訳ない気持ちになってしまう。
かあちゃんのお腹の中にいる時から浴びている放射線が、どんな作用をするのか全く予期できない。
やるせなさと、行き場のない怒りは僕を徐々に消耗させていく。

それでも人生は続く。政治や運命に翻弄されようとも、東京であれ、横浜であれ、福島であれ。ならば僕は一人の人間として、父親として、そして縁あって福島の人々と出逢った者として、生きていた証を写真に刻み込みたかった。

そんなささやかな抵抗をすることで、なんとかバランスを保っていたのかもしれない。

写真家:高木佑輔


◎日時:2018年3月3日(土)~ 2018年3月21日(水、祝日)
期間中は無休午後1時から午後7時まで、入場無料
※オープニング当日3月3日(土)のみ午後6時オープンとなります。
◎イベント:オープニングレセプション・アーティストトーク
日時:2018年3月3日(土)午後6時から
開催場所:Reminders Photography Stronghold Gallery
住所:東京都墨田区東向島2-38-5 東武スカイツリーライン曳舟駅より徒歩6分・京成曳舟駅より徒歩5分

写真展までの準備の様子やその都度アップデートについてはFBイベントページも是非ご参考にチェックしてみてください。

 

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou

©︎YUSUKE TAKAGI / Kagerou