マラ・カタラン写真集「Williamsburg, A Place I Once Called Home」(Red Hook Editions) 20部限定、RPS特典付き販売開始

2015年度のPhotobook as an objectワークショップの参加者の一人、マラ・カタラン写真集「Williamsburg, A Place I Once Called Home」がニューヨーク、ブルックリンの出版社Red Hook Editionsより刊行されたことを記念して20部限定、RPS特典付きにてお取扱いを開始致します。

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home

マラ・カタランの初の写真集「Williamsburg, A Place I Once Called Home」は、1990年にニューヨークにやって来て、そのまま住み続けたスペイン人移民が大人になる物語だ。僅かな金でマンハッタンでのその日暮らし、明確なプランも無かったマラは、ブルックリンの橋の向こう、衰退する工業地帯だったウィリアムズバーグにいつしか安い部屋を見つけ、面倒見のよい友人もできた。

「Williamsburg, A Place I Once Called Home」は、1994年から1996年までの彼女のウィリアムズバーグでの暮らしの個人的な記録である。モノクロで撮影された都市の風景、親密なポートレート、詩的なストリートシーン、物語、個人的な手紙、スペイン語と英語で書かれた日記を美しく織り上げた、独特なスタイルを持つ本だ。

この写真集はある時代の優れた記録、そしてすっかり変化したり消え去ってしまったウィリアムズバーグの多くの場所の歴史的記録でもある。この本が窓となり、変化しつつ広がっていく世界に深く結びついた女性の人生を見せてくれる。また、彼女のふるさとへへも深くつながっている。20年以上経ってもマラはウィリアムズバーグに住み続け、大きな変化、消えてゆく懐かしい場所や人々を寂しく見続けている。この写真集はかつて存在したもの、かつては彼女の「家」だった場所への賛歌なのだ。

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home / RPS特典ポスター、20部のみ

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home / RPS特典ポスター、20部のみ 特典ポスターには作家による署名およびエディション番号がつきます。

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home / RPS特典ポスター、20部のみ

「Williamsburg, A place I once called home」
サイズ:210 x 297mm

ページ数:156ページ
言語:スペイン語、英語
ISBN:978-1-941703-07-6
価格:11,236円(税込み、送料込み)全エディション署名入り、※この写真集はニューヨークの作家本人より発送となります。
お取り扱い部数:20部(RPS特典ポスター付)、特典ポスターには作家による署名およびエディション番号がつきます。
アートディレクション:ヤン・ラッセル、後藤由美
普及版カバー、挿入、デザイン:ボニー・ブライアント
ハードカバー、ジャケット付
出版社:Red Hook Editions(ニューヨーク、ブルックリン)

ご注文時のメール件名に必ず、「Williamsburg, A place I once called home」注文希望とお書き下さい。
①お名前(※ふりがな、また代金のお振込名義がご注文のお申込みと異なる場合は必ずお振込人名をカタカナでお知らせ下さい)
②住所(必ず〒番号を入れて下さい)
③電話番号 ④Eメールアドレス
ご注文は photobook@reminders-project.orgで受け付けます。
尚、ご注文を頂くだけではご注文完了となりません。ご注文の確定は代金のお支払い後となりますので、メールでお送りするお支払い、お振込案内をご確認の上、ご対応お願い致します。お支払いの確認が出来ない場合はご注文確定とならず、自動的にキャンセルとなる事があります。
ご面倒でもお振込後にメールでご連絡頂けますと幸いです。よろしくお願いします。
※この写真集はニューヨークの作家本人より発送となります。発送から到着までに時間がかかることがございます。予めご了承下さい。

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home

©︎Mara Catalán / Williamsburg, A Place I Once Called Home

マラ・カタラン:
マドリード生まれのドキュメンタリー・フォトグラファーで、モノクロ写真のファインアート・プリンターでもある。1990年にニューヨークに渡り、フリーランス・フォトグラファーとなったほか、Gar Lillardatのラボ・ワンで暗室技師の修行を行った。1995年から1997年のほとんどの時期をメキシコで過ごし、サン・クリストバル・デ・ラス・カサスにあるナ・ボロム・ミュージアムの写真アーカイブスで働いた。この時期、サン・クリストバルではサパティスタ民族解放運動を多く撮影している。1997年にニューヨークのマグナム・フォトの暗室での職を得た。2000年にはブッシュウィックに自身のモノクロ暗室&スタジオ「スタジオ304」を設立し、今日までフォトグラファー兼プリンターとして活動している。

日本語訳文責:奥山美由紀