12月8日(土)開催:吉田亮人写真集「The Absence of Two」刊行記念関連トークイベント:写真を読むこと、編むこと【ゲスト:松本久木氏、川村佳之氏】

この度RPSでは吉田亮人写真集「The Absence of Two」刊行記念展示に関連して、写真集制作の中核を担った、アートディレクターの松本久木氏、プリントディレクターの川村佳之氏をお招きし、トークイベントを開催いたします。

本展では吉田自身がオリジナル写真集をベースにどのように青幻舎と普及版制作を進めていったのか、普段目にすることのないテストプリントや試作品、ダミーブック、資料などをもとにご紹介していく内容になっております。制作の裏側をお話すると共に、作家本人とRPSキュレーターの後藤由美を交えて、写真を読むこと、編むことを多角的に論じ、一冊の本を作ることを考えていきたいと思います。皆様のお越しを是非お待ちしております。

また現在、写真集のご注文を受付しております。展覧会場やオープニングトークで写真集制作の裏側を楽しみながら、ぜひ出来上がった本をお手元でご覧いただければと思います。

打ち合わせ中の松本氏(右)と川村氏(左)©吉田亮人 Akihito Yoshida

©吉田亮人 Akihito Yoshida

http://reminders-project.org/rps/theabsenceoftwo_seigenjp/

http://reminders-project.org/rps/theabsenceoftwo_seigenjp/

©吉田亮人 Akihito Yoshida

本作品は2016年にRPSで開催されたワークショップ「Photobook as object」に参加した写真家・吉田亮人が取り組み制作したアーティストブックで、2017年6月に刊行されました。
限定111部で制作された本作は瞬く間に完売となりましたが、今回、オリジナル版をベースに「青幻舎」とフランスの出版社「Xavier Barral」より新たに写真数点とエッセイを加え、再編される普及版となります。(ダミーブックの変遷についてはこちら

◎レセプション、およびアーティストトーク
2018年12月8日(土)午後6時~
◎吉田亮人写真集「The Absence of Two」刊行記念関連トークイベント:写真を読むこと、編むこと【ゲスト:松本久木氏、川村佳之氏】
参加費500円
※簡単な軽食と飲み物をご用意致します。
※展示は12月8日の午後1時からご覧いただけます。
※イベント時以外の入場料は無料です。

◎開催場所:Reminders Photography Stronghold Gallery
住所:東京都墨田区東向島2-38-5
(東武スカイツリーライン曳舟駅より徒歩6分・京成曳舟駅より徒歩5分)

写真展の情報については随時Facebookにて更新しておりますので、そちらをご覧ください。

 

松本久木(まつもと ひさき)

デザイナー・出版者/松本工房代表

2007年より出版・組版・グラフィックデザインを主軸として活動を開始。クライアントは文化的・芸術的領域の団体や機関が多く、仕事内容は主に、芸術関連施設での展覧会やイベントのデザインワーク、演劇・古典芸能・ダンスなどの舞台芸術の広報デザイン、大学・研究所・文化施設の広報物及び出版物の制作、人文・芸術・アート分野の出版及び装丁などとなる。緻密かつ繊細でありながら大胆で強い印象を与えるヴィジュアルイメージの構築と、深いコンテクストを持った抽象性の高いデザインワークに定評がある。

http://matsumotokobo.com/

 

川村佳之(かわむら よしゆき)

株式会社ライブアートブックス
アートブックディレクター
2009年より大伸社(現ライブアートブックス)所属。
写真集制作におけるプリンティングディレクションを担当。
近年、国内のトップデザイナー・出版社・写真家からの支持を集めている。

https://www.live-art-books.jp/