千賀健史ARTIST BOOK [happn] ご注文受付中

KENJI CHIGA’S ARTIST BOOK “HAPPN” IS AVAILABLE NOW! from REMINDERS PHOTOGRAPHY STRONGHOLD on Vimeo.

2016年8月に写真家Zhao Qianを講師に迎え開催された第4回実験的ワークショップアトラスラボ「コンセプトや現実に裏付けされた抽象的で超常的な写真芸術表現」」の参加者、千賀健史さんのアーティストブック「happn」のオンライン販売を開始いたします。千賀さんはこのワークショップで自分の周りにある色や文様、ディテールを取り入れ、コンセプトや現実に裏付けされた抽象的で超常的な写真芸術表現を可能にする事を課題にプロジェクトに取り組みはじめました。短期間で実施されるアトラスラボでも、成果物として紙媒体で最終表現をすることが求められます。そして、最終的に完成したのが、この本。印刷から製本まで作家によって作り出されたアーティストブックになります。

「happn」

東京に出てきて8年、1362万人が暮らすこの街に親しい友人は今も数える程しかいない。
少し先を歩く人、同じ電車に乗る人、同じ店で食事する人、多くの人を僕はこれまで風景の一部の様に見てきた。
彼らは一体どんな人で、どんな生活を営み、何を考えているのだろうか。

ある日、AppStoreに並ぶ出会い系アプリ”happn”が目に付いた。
そのアプリは日常生活で気付かずにすれ違う他人がどんな人かを教えてくれる物だった。
僕はそれを通じてフランスからやってきた女性、ダンサーの男の子、服を作っている学生に実際に会い、お互いの話をしてみた。
僕がこれまでは知り合うはずのなかった彼らは、実際には何年も前から近くに住んでいて何度も路上ですれ違っていたようだ。

青信号になると横断歩道で僕は右を見て左を見て、前に進む。
僕の目の前を多くの人が通り過ぎていく。こちらを見る人はいない。僕はじっと彼らの顔を見てみる。目が一瞬合う。おそらく僕が生きてる間、その人とちゃんと向き合う事はない。
路上で拾った物やゴミはその持ち主だった彼らの生活を見せてくれた。
写真もそれに近い物かもしれない。

僕の知らない人はこの街にまだ数え切れない程いる。
正体不明の隣人達の人生を、街の中をうろつき、想像してみた。

写真集:happn
◎93ページ
◎写真59枚
◎サイズ:高さ198mm x 横幅150mm x 厚み15mm
◎部数:限定56部(すべてにエディション、署名が入ります)
◎写真・文章・編集・印刷・製本:千賀健史
◎英訳・英文校正:エリック・エレフセン
◎マップデータ:Google
2016年にReminders Photography StrongholdのAtlas labワークショップで後藤由美とZhao Qianの指導の下に制作されました。

◎5,600円(送料別途500円)
ご注文時のメール件名に必ず、「happn」注文希望とお書き下さい。
①お名前②住所(必ず〒番号を入れて下さい)③言語の選択:日本語か英語の明記(特に明記されてない場合は日本語扱いとさせて頂きます)④電話番号⑤Eメールアドレス⑥ギャラリーで受け取りを希望の方はお知らせ下さい。とくにない場合は発送扱いとさせて頂きます。
ご注文はstronghold@reminders-project.orgで受け付けます。

尚、ご注文を頂くだけではご注文完了となりません。ご注文の確定は代金のお支払い後となりますので、メールでお送りするお支払い、お振込案内をご確認の上、ご対応お願い致します。お支払いの確認が出来ない場合はご予約確定とならず、自動的にキャンセルとなる事があります。予めご了承下さい。

発送は製作終了後となります。よほど納期に時間を要する以外は特にご連絡なく発送させて頂きます。ゆうメールでのお届けになります。

img_3638c
img_3639c img_3641c img_3643c img_3644c img_3645c img_3646c img_3647c img_3651c img_3652c img_3657c img_3642c img_3640c