[残り1冊]ジュリー・グラスバーグ写真集「Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL)」CEIBA版 限定販売

ジュリー・グラスバーグは2015年度にRPSで開催されたオランダのブックデザイナー、トゥーン・ファン・デル・ハイデン、サンドラ・ファン・デル・ドゥーレンとRPS後藤由美によって開催されたワークショップ「Photo Book Masterclass」に参加し、本作「BIKE KILL」に取り組みました。その後も推敲を重ね2016年5月に開催された成果発表展開催に併せてアーティストブックとして「BIKE KILL」を25部限定で制作・販売しました。
25部の本はすでに完売しましたが、更に多くの方の手にとって頂ける様に、イタリアの出版社CEIBAとのコラボレーションにより400部が刊行されました。オリジナルの質感をほぼ完全に再現したCEIBA版(普及版)になります。

今回は彼女の来日に合わせ限定3部を特別価格にてお取り扱いいたします。

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

「Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL)」

反発や人が怖いと感じるようなものによく惹かれます。
場違い、よそ者、エキセントリックというようないわゆる普通と呼ばれるものに属さないものが好きです。
私の外見は普通ですが、中身はそういう社会に属さない人たちに近いと思います。
だからこそニューヨークに住んでいた3年間、私はブラック・ラベル・バイク・クラブの撮影をしてきました。
彼らはバイククラブの変わり者として知られていました。
このクラブは1992年、Jacob HouleとPer Hansonがミネソタ州ミネアポリスで設立し、全米に広がりました。彼らは大会を開催するなどしてトールバイク文化に貢献してきました。
このような混乱した反逆的な文化が自転車のような害のない物体の周りで発展したというのはとても面白いことです。
彼らはパンクとグランジとヒッピー文化が混ざった団体でシステムに対して反逆しています。
社会が私たちに消費、お金への執着、過度な技術の使用を促す中で、若者がそれに対して反抗しているのは興味深いことです。
彼らの団体は主に自転車文化、アート、そして最近ではなくなりつつある基本的な人間関係の価値から成り立っています。
ニューヨークの人々はソーシャルネットワークの中で暮らし、成功することに執着しているように見えていたため、特にこの姿勢に影響されました。
彼らはフランクに話し、リスクを冒して自分たちを傷つける(肉体的あるいは人生の選択において)ことを恐れていませんでした。
リスクのない社会の中で、瞬間瞬間を生きていました。
情熱的で読書家で才能があり、本音でいろいろなことを話し合っていました。
ブラック・ラベル・バイク・クラブのように技術にあまり頼らず、メインストリームに反抗しているクリエイティブなグループのサブカルチャーに接するとき、わたしは希望を感じるとともに、今日の若者に勇気を与えるものだと感じるのです。

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

Julie Glassberg写真集「Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL)」
ページ数 本体166ページ
サイズ 240X180mm
写真点数 61、コンタクトシート 6、イラストレーション 4
刊行部数:400部
取り扱い限定部数 3部
価格:6,723(消費税10%込)(送料別途830円)

ご希望の方は、ご注文時のメール件名に必ず、「Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL)」注文希望とお書き下さい。
①お名前(フリガナ※銀行振り込み人名義が異なる場合は必ずその旨を明記してください)
②住所(必ず〒番号を入れて下さい)
③電話番号
④Eメールアドレス ※携帯電話、スマホ経由のメールアドレスに不着の事故が発生しております。こちらから確実にお返事をお届けするために、パソコンでお使いのメールアドレスをお願いします。
数日経過してもお振込みのご対応がない方には携帯電話のショートメールでのご連絡を差し上げる場合があります。
⑤ご希望部数
⑥ギャラリーで受け取りを希望の方はお知らせ下さい。とくにない場合は発送扱いとさせて頂きます。

ご注文はphotobook@reminders-project.orgで受け付けます。
尚、ご注文を頂くだけではご注文完了となりません。ご注文の確定は代金のお支払い後となりますので、メールでお送りするお支払い、お振込案内をご確認の上、ご対応お願い致します。メールをお送りしてから1週間以内にお支払いの確認が出来ない場合はご予約確定とならず、自動的にキャンセルとなる事があります。予めご了承下さい。
尚、ご面倒でもお振込後にメールでご連絡頂けますと、その時点で確定の処理をさせて頂きます。よろしくお願いします。

Julie Glassberg写真集「Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL)」(CEIBA版)見開きページより:

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)

©Julie Glassberg / Due to sudden and unforeseen circumstances, this book has no title(BIKE KILL) (ceiba editions)